専門看護師というワンランク上の仕事

 一般の人はあまり知らないが、日本には専門看護師と呼ばれる人たちも存在しているのだ。専門看護師は、通常の国家試験の他に、日本看護協会が主催する特別な認定試験に合格をしている。普通の看護師が持ち得ない深い専門知識を携えているので、特定の分野においては非常に質の高い医療を提供してくれるわけだ。
 こうしたハイレベルな認定資格を持っていれば、相談業務はもちろん教育に関しても携わることができるので、本人にとってもメリットが大きい。がん看護や精神看護、感染症看護など、非常に難しい分野が専門看護分野として指定されていて、まさに現代医療の課題に真正面から対応をしていく立場となる。看護師として毎日の業務を行ってはいるけれども、どこか物足りなさを感じている人がいれば、是非とも挑戦をしてみるのがいいと言われている。優秀な認定資格を取得したスタッフはいくらいても病院側は困らないし、本人も新しい世界への扉を開くことができるので悪くはないからだ。
 こうした認定資格を持っていれば、もちろん次にまた転職をする際にも武器になる。より自分の理想とする職場へ配属がされやすくなるので、将来的なビジョンを持っているなら目指すのが得策である。他にも、保健師等もワンランク上の存在として注目を集めている。保健師は看護現場での一年以上の実務経験がある人が対象になる資格で、こちらは認定試験ではなくて国家試験を受けなければならないものだ。この資格があれば、さらに道は広がっていく。
(紹介したがん看護の入りとしてがんについて専門知識が書いてあるサイトがあったのでがん看護やがんについて興味があれば見て欲しい→→http://knowledgeonline-fornurse.com