キャリアアップと専門資格

 看護師が職場での昇進を目指す上では実務経験を培うだけではなく、より高度なレベルの専門知識を習得することが求められる。医療分野は個々の専門性が細分化してきているので、一つの疾患のケアにおいても幅広い知識が要求される。特に、癌などの重篤な疾患ほど看護分野は細分化され、患者の身体的な負担を緩和する治療法が積極的に活用される傾向にあるのだ。よって、従来とは異なる専門知識が必要とされ、患者の容態や希望条件に応じたケアを提供する為の技術も要求される。
 これら医療技術の進歩に対応する為には新たな知識を教育機関で学ぶ事も必要だ。具体的には、専門看護師や認定看護師の資格があり、患者の容態に応じたケアに加えて心理面の負担の緩和や将来的なライフプランを重視したケアを提供する事が必要になる。医療機関の多くは看護師の専門知識の習得を推奨していることが多く、教育期間中は給与の大半が支払われるケースも多い。
 また、雇用形態の面でも通学中は研修や出張扱いになるなど、教育課程を修了した後の現職への復帰がスムーズになるのだ。これら専門資格の取得においては一定の実務経験が必要とされるが、診療現場で培われたスキルをより掘り下げて最新の看護知識を習得することが出来る為にモチベーションも高まる。その為、専門資格の取得は看護師のキャリアアップという面だけではなく、看護師としてより高いレベルの技術を提供することが出来るようになるのでやりがいも湧くのだ。